グリーンハウスのレモンの青汁の口コミや特徴

青汁と言えば罰ゲームというのは、一昔前の話です。

最近では、おいしい青汁がたくさん販売されているのをご存知でしょうか?

グリーンハウスのレモンの青汁も、その中の一つです。

青汁にレモンを加えることで、苦味を抑えたスッキリとした味と酸味が美味しさを引き立てる青汁です。

それに、レモンは風味づけだけに使われているのではありません。

当然のことながら、レモンを加えることによって、さらに栄養価を高めています。

グリーンハウスのレモンの青汁の主原料は、青汁の原料として使われることの多いケールというキャベツのような植物です。

このケールは大変栄養価が高いことが知られており、

多くの青汁で主原料として使われています。

もちろん、そのケールは国産ですから安心です。

口コミでは、やはり、味に対する感想が多く寄せられています。

初めて青汁を利用する方や、青汁独特の苦味が苦手な方達には、

レモン風味のスッキリした味わいが大変人気のようです。

しかし、青汁本来の苦味が好みの方には、ちょっと別の飲み物のようだという声もあり、

好き嫌いの問題が大きいようですね。別の飲み物のようだという声からも分かるように、レモン風味はかなり強いようです。

「薄いレモン水を飲んでいるよう」といった感想も見られました。

また、水にもすっと溶けて、水で溶かすだけでも飲みやすいということから、

むしろ、青汁と思わずに飲めるというのが良さと言えるでしょう。

「レモンの青汁」はケール75%にレモン果汁を加えたスッキリ爽やかな風味で
これまで青汁が続かなかった方にも飲みやすく仕上げています。
おいしくゴクゴク飲めるだけでなく、ケールの栄養分に加えて、
2袋で1日の成人の栄養所要量分のビタミンC100mg(レモン約1個分、ピーマン約4個分)が
摂れる栄養機能食品です。

レモンの青汁

青汁って効果があるの?